守秘義務について

行政書士には守秘義務がある。
これは行政書士法に明記されている。
たとえ、法律がなかったとしても、業務上知り得た顧客の情報を外部にもらし、顧客との信頼関係を損なうことはプロとあるまじきことをいえる。

将来、「こんなお客さんが来た」というブログを書くかと思うが、顧客の特定につながるような情報は一切出さないつもりなのでお客さんには安心していただきたい。

書くとすれば相当な脚色をするつもり。

むしろフィクションとして楽しんでもらいたい。

「嘘松!」と言っていただければ結構(笑)。

この記事へのコメント