守秘義務について

行政書士には守秘義務がある。 これは行政書士法に明記されている。 たとえ、法律がなかったとしても、業務上知り得た顧客の情報を外部にもらし、顧客との信頼関係を損なうことはプロとあるまじきことをいえる。 将来、「こんなお客さんが来た」というブログを書くかと思うが、顧客の特定につながるような情報は一切出さないつもりなのでお客さんには安心していただきたい。 書くとすれば相当な脚色をするつもり。 むしろフィクションとして楽しんでもらいたい。 「嘘松!」と言っていただければ結構(笑)。

続きを読む

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県在日外国人支援センター

帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県在日外国人支援センター 顔から火が出るようなタイトルだが、私が初めてつくった行政書士サイトである。 初心者用の本(「できるホームページHTML入門」)を読み、TeraPadでhtmlを打ち込み、FFFTPでアップロードした。 (さらに昔、趣味用のサイトを初めてつくったときはFTPソフトの使い方がわからず、ファイルマネージャーを使ったっけ。infoseekだったか?) 当初はkatchの無料ホームページスペースを利用したが(容量は小さく、CGIの設置もできなかった)、独自ドメインを運用ができないことから、さくらインターネットのレンタルサーバーを利用。 ドメイン、kika.ccをお名前comから苦労して取得(初めてだったので汗だくになったのを覚えている)。 まだ、kikaはcom等ではすでに取得されていたが、ccは当時まだ新しくドメインは新しくkikaを取得できた 当時、行政書士個人のサイトで独自ドメインを取得している人は珍しかったのではないか? サイト名に「愛知県」と地域名を入れるのも私が走りだったかも。 当時はまだ法務省や入国管理局ものサイトも充実しておらず、書式のダウンロードはまだできなかった。 私が申請用紙をせっせとスキャンして、PDFにしてアップロードし、訪問客がダウンロードできるようにした。 当時としてはけっこう先駆的だったと思う(そのあたりの先行者利益をまったく活用できなかったのが情けないのだが)。 一時はアクセスも増え、…

続きを読む

開始?再開!?

行政書士としてのブログ開設は二回目。 (「くねくね入道の孤独要塞」という、趣味としてのブログは続けていた) 昔つくったブログは、たしか、「建設業許可、帰化、内容証明、契約書、離婚協議書、遺産分割協議書、遺言」とかいった(正確なタイトルは忘れた)、やたら長ったらしく、ふざけたものだった。 当時(今もそうだが)行政書士という士業は一般の人にはなじみが薄く、具体的にどんな業務を担当しているんかわからない。そこで行政書士の業務のうち、じぶんができそうなものを片っ端から挙げてタイトルにした。 今回は「愛知県刈谷市大正町(以下略)」と思いっきり地域に寄り添ったタイトル。 駅前といえば聞こえはいいが、商店街はほぼシャッター街。 はっきりいって、落ち目のさびれた場所。 気の利いた人ならこんなさびれた場所で開業している行政書士に頼まず、名古屋まで出向くだろう。 大体、ここに限らず、刈谷市という市自体、金があるわりには気の利いた場所(遊ぶにせよ、買い物をするにせよ)が少ない。 無駄に地の利が良すぎるからという説が有力。 なにしろ、JR刈谷駅から新快速(なぜ、こんな駅に新快速が止まるのか?トヨタが止めさせているという説が有力)で名古屋まで20分足らず。 駅から降りるとすぐに高島屋。地下街。 さらに新幹線に乗り換えれば、一時間たらず、大阪へも東京へも行ける。 金と体力に自信のある人なら、金曜日夜、新幹線の乗り、新宿で飲み明かし、24時間サウナにでも泊まり(テルマー湯とかいいよね、…

続きを読む